<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

《メタルマクベス》先行

とりあえず自分はFC先行で押さえたんですが、今週一般プレイガイドの優先があるのでメモ。
公演詳細については劇団☆新感線オフィシャルサイトで。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (632) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

《吉原御免状》in青山劇場

アダルトでした。

新橋演舞場か明治座でかかっててもおかしくないような、そんな大人の芝居でした。あっ、それはちょっと無理か?

今回はなんと言っても堤さんの殺陣がよかった。
以前は古田さんとやり合えば古田さんに、染さまとやりあえば染さまにどうしても目がいってしまっていたんだけど、今回は背筋に針金でも通っていて上から吊られているような、芯のブレがない綺麗な殺陣でした。
それが剣士松永誠一郎の役柄にもぴったりはまっていた。

松雪さんはあまり期待してなかったんだけど存在感がよかった。
エロかったし(笑)。
ただし台詞はテレビドラマと大差なく、一番後ろの客席まで届いているのかどうか不安が。

そして舞台セットの使い方が圧巻。
廻り舞台を上手く使い、場面転換ですらストーリーの一部として物語の流れを形成しているし、今回八百屋舞台(傾斜のある舞台)ではないものの廻り舞台にしつらえた坂のセットが上手く奥行きやスピード感を出していた。
いのうえさんの頭の中ってどうなってるんだろう…。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (632) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

『野獣郎見参!』96年版

一昨日のアレが消化不良だったので、思わず観てしまった(笑)。
本当は『阿修羅城の瞳』を観るべきなんだろうけど、私は芝居は劇場で観るのが好きなので、基本的に映像ソフトは買わない。だから手元にあるのもこれと『オロチロックショー』くらい(^_^;)

さて、96年版『野獣郎見参!』。
当時私は橋本さとしさんのファンだったんだけど、この作品は新感線時代のさとしさん(新感線には同じ名字の橋本じゅんさんがいるので、ファンは“さとしさん”“じゅんさん”と呼び分けていた)唯一の主演作。
オープニングの殺陣で思わず「かぁ~~~~~っこいい~~~~!」と口に出して言ってしまった(笑)。

そうそう、あまりにもかっこよすぎて2回チケット取ってたのを、当日券でもう一回増やしたんだよね・・・。←遠い目

今観るとまだ衣装とかセットとかちゃちいと思うんだけど、このころからすでに目指してるものがはっきりしてて、集約力というかラストに向かっていく展開がいまさらながらしびれる。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (540) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

やりたいことがやれるということ

片づけをしてたら《SHIROH》のパンフを発掘してしまい、しばらく読みふける。
この芝居見たあと、数日間頭の中が♪殉教だまるちりだ~♪に支配されたよな。

15年越しでやっとオリジナルのロックミュージカルができたって本当にすごいことだと思う。

先日《荒神》を観て「喰いたりねー」とか言ってたけど、去年がてんこ盛り過ぎたんだからしかたないよね。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (881) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

SHINKANSEN☆NEXUS《荒神~AraJinn~》青山劇場

ども。魔物の中の魔物、荒くれ魔物のジンです。(笑)

今回主役の名前が自分のHNと同じだったので、舞台上で主人公の名前が呼ばれるたびになんか落ち着かなかった(-_-;)。
まあ私のは場合は大体「jingさん」とか「jingくん」と呼ばれているので、さすがに自分が呼ばれてるような感覚はなかったですけどね。

そんな個人的なことはさておき、今回の感想は一言で言うと
「喰いたりねー」
って感じかな。

まあ森田剛くんを主役においた(当て書きの)“ジュブナイル”ってことで少年少女にも分かりやすいストーリーであろうことは予想していたのですが、歌は無いしダンスも少なかったのでちょっと残念。
それと2時間という新感線にしては短めのお芝居だったので、キャラ造型の深みが足りなかったような気がしました。

去年立て続けに重いの観すぎたからかなぁ?

ただしプロディース公演のため外部からのキャストがほとんどということで、自分自身あまり期待をしてなかったのが幸いしてか、わりと楽しめました。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (1093) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

《アオドクロ》優先予約案内

来ました。

しっかし12000円って、、、、高い_| ̄|○
まあ《アカドクロ》も9000〜10000だったから仕方ないといえば仕方ないのだが、チケットが高くなりすぎると何回も観に行けないよ・・・。

松竹サイトに公式ページができたらしく、見に行ってみるとキャストが発表になっていた。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (1214) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

劇団☆新感線《髑髏城の七人》

新宿厚生年金会館で観てきました。

7年ぶりの再演、ということで煽り文句はすごかったけど、実を言うと7年前に観たときの記憶は薄いのです。
というのもこの作品の上演前に橋本さとしさんが退団してしまい、これも「さとしさんが出てたら・・・」という視点でしか観てなかったからかも(苦笑)。

作品自体は中島かずき氏らしいキーワードがたくさん散りばめられていて私好みだし、観ていて「あ〜〜〜、そうだった!」といろいろ思い出しましたが。

以下ネタばれあり。
続きを読む>>
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (1106) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

《髑髏城の七人》チケット来た

やっとかよ、って感じですが厚生年金のチケット来ました。
古田さんの捨之介が楽しみですが、できれば・・・痩せてください!!
映画・演劇 > 劇団☆新感線 : comments (1801) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク
1
latest entries
recent comments
Twitter
recommend
二重の生命

二重の生命

recommend
VCからの贈物

VCからの贈物

recommend
Ok Go

Ok Go

resent trackbacks
categories
archives
my site
  • A*mei-project
  • チュウカラブ
  • 反盗計画
AD
  • バナー
others