<< October 2021 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『我要快楽?』張惠妹

『我要快楽?』張惠妹このアルバムについては感じることが多すぎて、言語化するのが難しい。

宣伝資料にはこんな一文がある。
這是一張很私人的專輯,是A-Mei的,也是你的。
(これはとてもプライベートなアルバム。アーメイの、そしてあなたの)
このアルバムで表現されているのは阿妹曰く「アメリカで過ごした4ヶ月間の心の記録」だそうだ。
しかし私には歌手デビューしてからの9年間に味わった痛みや苦しみを受けいれることを覚えた4ヶ月を作品に昇華したように感じる。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (1329) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

やっと届いた

『我要快楽?』張惠妹う~、長かった。。。。_| ̄|○
やっと『我要快楽?』が手元に届いた。
台湾の阿妹ファンの友人に頼んだけど、待ちくたびれて疲れたわ(苦笑)。やっぱりジャスミンティーさんに行った方が早いかもね。
しかも明日には改版でDVD付きが出るつーの!!!(笑)

とりあえず聴いてますが、ネットを通してラジオで聴いたのよりも当然クリアで気持ちへの入り方が違いますね。
よく見ている華納討論区で「內涵(nei4han2)」という言葉が使われていたけど、まさにそういう感じ。彼女が外に発するだけではなく、自分の内側に向かって一言一言、一フレーズをかみしめるように惜しんで歌ってるのが分かる
予想してたとおりすごく地味なアルバムではあるけれど(笑)、良いアルバムです。対象年齢25歳以上、って感じ。
音楽 > 中華 : comments (97) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

1976 in 渋谷O-nest

“1/4”Quoted Quarterのfujimotoさんに教えていただいて行ってきました。
1976(イージュウチーリュウ)は台湾のインディーズバンドで、活動キャリアは10年になるんだそうです(@_@)
ま、そんなことも知らないでなんとなく行ったんですけど(笑)。

fujimotoさんに教えていただいたところによれば、今回は名古屋・甲府・吉祥寺、そして渋谷と4箇所を回るツアーで、最終日の渋谷O-nestでは1976のドラマー大師兄が一時在籍していたという日本のインディーズバンドquizmasterがホストとして取り仕切る形のLiveとなっているとか。quizmaster presents "1976 Japan Tour Finalというページを見ると、彼らのこの日にかける思い入れが伝わってきます。

当日私はなんの予備知識もなくふら~っと行ったのですが、1976のステージは非常に素晴らしかった!
シンプルな4人編成バンドで淡々と進行していくんですが、演奏が始まるとぐぐっと空気をもっていく感じは10年のキャリアが成せる技だったのかもしれない。
私は楽曲を聴いていて、なんとなく90年代の北京のバンドを思い出した。イギリス系洋楽に傾倒して「ああいうのやりたい!」みたいな情熱に突き動かされてるって感じ。
もちろん1976はもうちょっとこなれた感があるんだけど、湿度の少ない楽曲は“台湾のバンド”というイメージとはちょっと違うような気がした。
ジャケットにメンバーの写真が使われていないことから、ルックスには期待してなかったんだけどベースの子が可愛かったなぁ~。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (1071) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

ソニー華流キャンペーン『華流FESTA! 2006』

しまった、華流に興味がないくせに検索してたら引っかかった!

『華流FESTA! 2006』公演内容
●東京公演 『華流 FESTA! 2006』
日程: 2006/3/18(土) 
会場:   ZEPP Toklyo
昼公演 13:00開場 14:00開演
夜公演 17:00開場 18:00開演
当選者数は昼と夜公演、各5組10名様、合計10組20名様です。
このライヴにご応募の方は、応募ハガキに昼公演か夜公演かの
ご明記をお願い致します。

●大阪公演 『華流 Festa! 2006』
日程: 2006/3/19(日)
会場:  ZEPP Osaka
夜公演のみ 17:00開場 18:00開演
当選者数は10組20名様となります。

東京公演・大阪公演の出演者:
ハーレム・ユー
レイニー・ヤン
アラン・コー 
メーガン・ライ 


尚、上記公演チケットの一般発売は、2月11日(土)からを予定しております。
チケットに関するお問い合わせ先:
東京公演: ゼクシード 03-5778-7040
大阪公演: キョードーチケットセンター 06-6233-8888
うわっ!!!!哈林(ハーレム・ユー)見たい!!!!
引っかかるツボが世間一般と違うことはあしからずご了承ください。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (196) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年 Myベスト

いや、本当~~~にごめんなさい。
旧譜しか買ってないのでいまの流行とはかけ離れてます。
とりあえず今年気に入ったCDなど。

アルバム


『海洋』陳建年【第一位】 『海洋』陳建年
何はなくてもこれかな。
「癒される」という言葉は陳腐で使いたくないけど、気持ちがリラックスできるというか、こわばってた心がほぐれる一枚。
ジャンルで言うとフォークですが、彼の表現と私の心にある台東の空気感が見事にマッチしているので、疲れたときに聴くと“あの場所”を思い出せる。
万人にとっての名盤かどうか分からないけど、台湾が好きな人、特に東海岸を訪れたことがある人には聴いて欲しいと思います。

【第二位】『 LOVE! MISORA HIBARI JAZZ & STANDARD COMPLETE COLLECTION 1955-66 』美空ひばり
いきなり中華じゃないんですが(笑)。
以前から欲しいと思っていたひばりさんのJAZZ & STANDARDが一挙に収録されているCD。素晴らしすぎます。なんだこれ?!ってくらい素晴らしい。
美空ひばりって演歌の人、みたいなイメージだけどこのJAZZのスウィング感ったら!!!!「A列車で行こう」のスキャットなんか感動です。
昔の曲なんで日本語詞が付いてるんですが、日本語から英語に言語が変わっても聞き手に与える感覚がぶれない。すごい。
これは聞いた方が良いと思うな~。

『蘇芮20年特別選』/蘇芮【第三位】『蘇芮 20 年特別選』蘇芮
ことしは激しく“おばさん(歌手)ブーム”だったわけですが、このアルバムもものすごくハマりました。
世の中には私が知らないだけで、上手い歌手って本当にいっぱいいるんだな、と。
そして私が好きなのはこういうタイプの、口先だけではなく歌の世界を感情と共にきちんと表現する歌手なのかな~と思ったり。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (1355) : trackbacks (1) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

輕鬆玩in第2回東京アジア・ミュージックマーケット

第2回東京アジア・ミュージックマーケットを見てきました。
去年見に行けなかったんだけど、与非門、二手玫瑰、冷血動物なんかが出たのもこのイベントだったんですね。

『我要輕鬆玩』輕鬆玩樂團本日のお目当てはリラックス・ワン(輕鬆玩樂團/RelaxOne)。少し気になっていたんだけど、先日Nobさんの書き込みでVoのSummerちゃんがピヌユマヤン(卑南族)だという話を聞いて、はりきって行ってきました。
でもCD買うのは間に合わなかったので、UDNでちょっと視聴した程度で(^^ゞ
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (274) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

ポップアジア2005 丸の内スペシャル

チャン・ヤートン(張亞東)文化庁主催のコンサートイベントPOPASIA2005の盛り上げ企画と思われる“ポップアジア2005 丸の内スペシャル”に行ってきました。
ゲストはチャン・ヤートン(張亞東)とヴィッキー・チャオ(趙薇)。ちなみに今回のお目当てはヤートンですっ!!!

フェイ・ウォン(王菲)の楽曲コンポーザー&プロデューサーとして名を知られている彼ですが、私が好きなシュー・ウェイ(許巍)だのフラワーズ(花兒楽隊)だののCDを見ると彼の名前があり、2000年頃までに北京で作られた音楽にはいつも何かしらの形で関わっているという印象があります。プー・シュー(朴樹)は逆にヤートンがプロデュースしているということで興味を持って買ったらこれまた大正解。
どうにも気になる人なのです。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (103) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

アニソン!!

『成人兒歌』うぎゃー!!!これ欲しいっ!!!
ジャケ見てもなんだか分かりませんが、この『成人兒歌』というCDは広東語のアニメソングが収められているんです。

こういったアニソンの、特に古い楽曲はほとんどが入手困難だったので、私が昔友達に買ってきてもらったCDは残念なことに海賊盤でした。「正規盤が欲しい」と言ったのですが、「レコードで出てその後CDで再販されていないので無理」と言われたのです。
それが再販だよ(泣)。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (88) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

『愛最大』阿妹妹

『愛最大』阿妹妹今日は阿妹の誕生日だったんですが、なぜか妹と従妹のCDを聴いてました。
某所でこのアルバムについて書かれているのを見たので(単純)。

最初は「へっ!姉(と従姉)の七光りじゃねーかよ」とバカにしてて、何度もCDを見かけてはアーメイ(張惠妹)と間違えて手に取っていたのに買わなかったアーメイメイ(A-mymy/阿妹妹)のCD。
王菲のコンサートを見るため香港に滞在してた1998年末。ホテルのChannel[V]でかかりまくってた「愛最大」にやられました!
Channel[V]効果、恐るべし…
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (869) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

『唱遊大世界王菲香港演唱會98-99』王菲

『唱遊大世界王菲香港演唱會98-99』王菲8月8日は王菲の誕生日ということで、このCDを聴いて過ごした。

残念なことに私は“遅れてきたファン”で、王菲が最先端を一人爆走していた頃をリアルタイムでは知らない。だから94年のコンサートも見ることが出来なかった。
97年あたりからずっぽりと深みにはまっていたから、この98年末から99年の年明けまで続いたコンサートは7回も見てしまった(笑)。
このころが一番王菲にハマっていた頃だと思う。

そういう意味では思い入れ深いLiveなのだ。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (131) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 1 2 3 4 5 6 >>
latest entries
recent comments
Twitter
recommend
二重の生命

二重の生命

recommend
VCからの贈物

VCからの贈物

recommend
Ok Go

Ok Go

resent trackbacks
categories
archives
my site
  • A*mei-project
  • チュウカラブ
  • 反盗計画
AD
  • バナー
others