<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【ライブ台湾】剽窃問題 謝罪文の掲載

15日16時頃ライブ台湾編集長(を名乗る人物)からのメール(【ライブ台湾】剽窃問題 編集長からのメール参照)には
(前略)
今回の無断転載につきましては,2007年5月16日午後2時ころから2週間,「ライブ台湾」中のトップページ及びニュース頁におきまして,下記のとおり謝罪文を掲載いたしますので,ご理解くださいますようお願い申し上げます。
(後略)
とあり、16日14:30から16:30の間に、求めてもいない新規記事「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007」ノミネート・台湾ポップスは彼女抜きに語れない!歌姫アーメイがアップロードされ、そのリードとして“5/11(金)掲載のニュースに関するお詫びとご報告”なる文章の一部(全文ではない)が表示されていた。

17日14:30頃にはまだ張惠妹のキャプチャ画像と上記ニュースへのリンク、また謝罪文の一部が掲載されていたが、23:30頃確認した際にはトップニュースは映画『傷だらけの男たち』の特別試写会を10組20名様にプレゼント!に変更されている。




あれ?
なんかもう全然違うやん。
続きを読む>>
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (1057) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

【ライブ台湾】剽窃問題 編集長からのメール

15日16:08発信のライブ台湾編集長(を名乗る人物)からのメールです。
個人情報については伏せ字としました。
件名:「ライブ台湾」 編集長の**です
                                        2007年5月15日
張惠妹ファンサイト
A*mei-project
(http://www.a-mei.jp/)
運営者 jing(ジン) 様
                               〒105-0003
                             東京都港区西新橋*-**-**
                             株式会社アーキウェブ
                             電 話03-####-####
                          (email)********@archiweb.co.jp
                               ライブ台湾事業部
                               事業本部長・編集長 ** **


拝啓 時下益々ご清祥のこととおよろこび申し上げます。

 この度は,弊社が運営する華流エンタメサイト「ライブ台湾」の2007年5月11日ニュース記事「MTV VIDEO 2007ノミネート『QUEEN of LIVE』歌姫アーメイ」におきまして,jing様が運営されているサイト内で張惠妹を紹介する「Who is A-mei」及びアルバムを紹介する「我要快楽?」に掲載されています,張惠妹を応援する気持ちを込めて作成された文章を無断で転載してしまい,大変申し訳ございませんでした。

 弊社は,jing様が作成された文章を「ライブ台湾」のニュース記事中にて引用するに当たり,jing様が作成された文章であることを明確に示し,その分量についても,jing様の文章をそのまま複写する表現形式を取らぬよう,著作権法上,細心の注意を払わなければならないにもかかわらず,その注意を怠り,今回のようなご迷惑をおかけしてしまいました。重ねてお詫び申し上げます。

 今回,弊社がjing様に無断で転載してしまった文章につきましては,昨日午後7時ころに削除いたしました。ただ,これは,jing様に対する著作権侵害の状況を一刻も早く回復するための対応であって,無断転載の事実を隠滅するためでも,事実関係をネットユーザーの皆様に検証されたくないからでもありません。今回の無断転載につきましては,2007年5月16日午後2時ころから2週間,「ライブ台湾」中のトップページ及びニュース頁におきまして,下記のとおり謝罪文を掲載いたしますので,ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 今後,弊社といたしましては,弊社スタッフ各自の著作権法に対する理解を深めることに努め,jing様を始めとするみなさまとともに,華流エンターテインメントを応援していきたいと存じますので,「ライブ台湾」について忌憚のないご意見をお寄せください。

 この度は,ご迷惑をおかけして,大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

敬具



                         記
 当サイトの2007年5月11日ニュース記事「MTV VIDEO 2007ノミネート『QUEEN of LIVE』歌姫アーメイ」におきまして,張惠妹ファンサイトA*mei-project(http://www.a-mei.jp/)内で張惠妹とそのアルバムを紹介する文章を無断で掲載してしまいました。同サイト運営者を始め関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
この文面についてはツッコミどころ満載ですが、公開の場でいちいち指摘すると、相手に模範解答のヒントを与えることになるので、続いて私の返信を公開します。
続きを読む>>
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (178) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

【ライブ台湾】剽窃問題 新規記事掲載

ライブ台湾が16日14:30~16:30の間に
「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007」ノミネート・台湾ポップスは彼女抜きに語れない!歌姫アーメイ
という新規記事をアップロードしている。(正確な時間については現状確認できず)


15日16:08発信の編集長(を名乗る人物)のメールに対して、20:23付けで返信をしているが、それについての返事は24時間待っても来ない。
これらのメールは公開するが、謝罪文について「拙サイトのサイト名、URLを公表することは望まない」と書いた。
…つもりだったのだが、伝わっていなかった(あるいは読んでない)ようだ。


ちなみに上記記事「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007」ノミネート・台湾ポップスは彼女抜きに語れない!歌姫アーメイは外部ライターの記名によるもので、精一杯持ち上げて書いてくれているのは理解できるものの、明かな事実誤認があるので指摘したいッ!!!!!
~~~~指摘したいけど、それやってるとキリがないので涙を呑んで話を先に進める。
(あとで追記するかもしれません)
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (1266) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

【ライブ台湾】剽窃問題 記事検証

華流エンタメ情報サイトライブ台湾による記事の盗用問題に関して、一番最初の連絡で、私が挙げる処置をせずに記事を削除した場合、
貴サイトによる積極的な証拠隠滅が行われたと見なします。
と書いた(【ライブ台湾】剽窃問題 その2参照)にもかかわらず、問題の
ニュース記事MTV VIDEO 2007ノミネート「QUEEN of LIVE」歌姫アーメイは閲覧不可能となってしまった。

15日昼過ぎ、知人より口頭で説明を受けた際には「暫定処置として外部から見られないようにしている」とのこと(【ライブ台湾】剽窃問題 その3参照)だったが、16時頃発信のライブ台湾編集長を名乗る人物からのメールには
昨日午後7時ころに削除いたしました。
とあった。註※“昨日”は5月14日を指す。
しかし私は15日午前3時過ぎに、当該ファイルがあることを確認している。
註※この件はまた改めて検証する。

一般的には素早い処置として評価できるかもしれないが、私は記事の削除を一切求めておらず、著作権の帰属問題についても全く返答いただけなかったため、検証のため作成したHTMLファイルを公開する。
続きを読む>>
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (1881) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

【ライブ台湾】剽窃問題 その3

いやーー、台湾ドラマは展開が早くてついていけないよ~~。

あ、間違えた。
台湾ドラマじゃなくて、台湾ドラマを配信してる会社だった。

実は【ライブ台湾】剽窃問題 その2をUPするまえにじゃんじゃん事態は進展していて、しかも三角関係、もとい第三者も登場してしまったので、若干段取りが狂った。


本日昼過ぎに知人のライターさんから電話があり、「ライブ台湾から記事のことで相談を受けており、jingさんと会って話したいと言っている」とのこと。
ちなみにこの時点で「こちらがメールで問い合わせしてることに対して、知人を通じて電話で連絡してくるとは何事だ。筋が違う!」と怒りのゲージが振れたことは言うまでもない。
さらに「問題の記事は暫定処置として外部から見られないようにしている」と聞いて、怒り倍増。

記事の73.3%を書いた本人が「削除するな」って言ってるのに!


ライターさんには、「会いたくもないです」「メールで質問したので、メールで答えてください。後に残る形で」「メールでは押さえた表現にしましたが、本当はめちゃめちゃ怒ってます」と伝えた。

そしてすぐライブ台湾に再メール。
続きを読む>>
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (1437) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

【ライブ台湾】剽窃問題 その2

(誠に恐縮ですがタイトルを「ライブ台湾における剽窃について」から「【ライブ台湾】剽窃問題」に変更いたしました)
さて、ライブ台湾にサイト内記事をパクられたことはすでに述べたが、これに対して相手に聞こえないところで遠吠えするのは私の性に合わない。
ということで、ライブ台湾お問い合わせしてみた。(14日17:45頃発信)
続きを読む>>
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (1235) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

【ライブ台湾】剽窃問題 その1

(誠に恐縮ですがタイトルを「ライブ台湾における剽窃について」から「【ライブ台湾】剽窃問題」に変更いたしました)
過去すでに何回か、張惠妹ファンサイトA*mei-projectの文章や翻訳をパクられたことがある。
一番ひどかったのは某DTファンサイトに、ページの上から下までまるまる全部コピーされたことだ。
ちなみにその管理人からはいまだきちんとした謝罪はない。

今それに近い怒りとやるせなさを感じている。

金曜の夜、帰宅してRSSリーダーをチェックしたところ、検索語句“アーメイ”で1件更新があった。
「またどうせ、リー・アーメイ@フルメタル・ジャケットだろ」と思って確認したところ、MTV VIDEO 2007ノミネート「QUEEN of LIVE」歌姫アーメイというタイトル。
えっ、まさか本当に阿妹ネタか?!(←ひどいファン)

元記事を開いたところ、華流情報サイトライブ台湾のニュースページだった。
阿妹は現在の華流ムーブメントとは遠いところにあるので、「うぉ!めずらしい!!」と喜んだのもつかの間、記事を一行読むか読まないかですでに吐き気がした。

それは明らかに私が書いた文章だった。

A*mei-projectWho is A-meiライブ台湾の記事を見比べてもらいたい。
一部文章が前後していたり接続詞に違いがあるが、句点の付け方、漢字の使い方まで私が書いたものとそっくりな部分が大半だ。

つまりコピペなのだ。
【5/15追記】上記記事、MTV VIDEO 2007ノミネート「QUEEN of LIVE」歌姫アーメイは15日12:45頃から閲覧不可となっております。
また、最初に「削除は希望しない」と伝えてあったにもかかわらず、16:08付けでライブ台湾編集長から「削除した」旨、連絡いただきました。
【5/16追記】削除されたニュース本文検証用記事をUPしました。→【ライブ台湾】剽窃問題 記事検証
続きを読む>>
ネット・blog > ライブ台湾 剽窃 : comments (1287) : trackbacks (1) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年度十大優良專輯

毎年恒例、中華音樂人交流協會選出の十大優良專輯(十大アルバム)と十大單曲(十大シングルの意だが、台湾ではシングルの発売はないため、楽曲単位の選出)が発表されました。

去年は全アルバム解説しようと思ってドツボにはまり、結局エントリー書き上げられなかったので(爆)、今年は知ってることだけ書きます。
一応合法的に試聴が出来る台湾のオンライン書店博客來へのリンクも貼っておくので、興味がある方はリンク先も覗いてみてください。
ただしあちらのサイトはいきなり音が出ることが多いので、仕事中の方はくれぐれもご注意を。
続きを読む>>
音楽 > 中華 : comments (246) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

EchoGS(艾可菊斯)ラジオ出演

最近お気に入りの原住民バンドTOTEM(トーテム/圖騰)のヴォーカル、Sumingが友人のGelresaiとやってるアコースティックデュオ、EchoGS(エコージーエス/艾可菊斯)がラジオに出演するそうな。

ネタ元:Wild Fire Music/野火部落:《音樂on air》小美+艾可菊斯的電台搞笑記事

Wild Fire Music/野火部落は、Kimbo(胡德夫/フー・ドゥーフー)さんとかがCDを出してるレーベルWild Fire/野火樂集のBlog版。

『匆匆』胡德夫Kimboさん本人が主催なのか、イマイチよく分からないのだけど(汗)昨年の金曲奬で高い評価を得たアルバム『匆匆』はここから発行されている。

とりあえずラジオは16日(月)台湾時間 pm21:15 - 23:00(日本時間22:15 - 0:00)、IC之音にて日本でも聴くことができます。
「網路直播」の「聆聽」という青いボタンを押してください。
スタジオライブもあり!!
音楽 > 原住民 : comments (944) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク

『中国語はおもしろい』新井一二三

中国語はおもしろい内容がとっ散らかっていて一貫性がないので読みにくい。
しかし「中国語に惚れて」とご本人がおっしゃってるだけあって、その熱は伝わってくる。

長いあとがきに書かれている著者の学習歴・放浪歴をまとめて本にしてくれた方が読みやすかったかもしれないと思ったが、そちらはすでに『中国中毒―チャイナ・ホリック』という書名で出版されているそうだ。

こういう“VIVA!中国(中国語)”本では、「中国(中国語)は素晴らしい!翻って日本(日本語)は…」的論調に流れるのが多くて、日本語大好きな私は読んでてうんざりすることが多いのだけど、著者は中国語以外に英語も操るということで、三者を比べているためそういう自己卑下感は薄まっていると思う。

ただしご自身の経験と知識を多岐に渡って羅列しているので、まとまりに欠ける。もう少しテーマを絞って書いた方が一冊の本としては読みやすいだろう。
たとえばこれが連載コラムやblogであれば大変面白く読めたと思うが、書籍としての出来はイマイチ。

そう思ったら、著者は台湾の新聞などに中国語でコラムを書いているそうな。
納得。
続きを読む>>
: comments (763) : trackbacks (0) : 編輯 このエントリーを含むはてなブックマーク
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
latest entries
recent comments
Twitter
recommend
二重の生命

二重の生命

recommend
VCからの贈物

VCからの贈物

recommend
Ok Go

Ok Go

resent trackbacks
categories
archives
my site
  • A*mei-project
  • チュウカラブ
  • 反盗計画
AD
  • バナー
others